「黒い外壁を検討している」

「安くて黒い外壁はどれ?」

「黒い外壁の家って暑くないの?」

「黒い外壁のメリットやデメリットは?」

「金属サイディング・窯業系サイディングどっちがイイの?」

今回の記事は、今こんな感じに思っている方に読んで頂きたい内容!

新築住宅を建てるなら絶対黒系の外壁と決めていました!

なぜならスタイリッシュでカッコイイと感じるから...

最近、中小企業の新築事務所でも黒い外壁って多く使われていますしね~♪

黒い外壁の会社

自然とそんな建物ばっかりに目が行きます。

我が家では安くて黒い窯業系サイディングを中心に選びましたので、黒系の外壁を検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

田舎での外壁選びは大変

我が家の外壁は、工務店さんからの提案ではニチハ Vシリーズですが、勿論注文住宅なのでケイミュー 光セラでもニチハのグレードの高いシリーズでも、全面ガルバでも金額アップで採用することは出来ます。

外壁選びもかなり迷いましたが、ニチハ株式会社東京ショールームにも足を運び最終的には価格調整の為に、ニチハ Vシリーズ(窯業系サイディング)を中心に選びました。

余裕があればフュージェを採用してWプラチナ保証が付くドライジョイント工法にしたかった!

地方には外壁のショールームは無いので本当に大変...

サンプルだけでは、なかなか外壁の全体をイメージするのは難しいことです。

ニチハ株式会社東京ショールーム

関連記事→東京で住宅設備(建材)のショールームを巡る!田舎での新築注文住宅はめっちゃ大変だよね

ニチハ株式会社東京ショールームで貰える「お施主様向け外観デザインセレクトブック2019.4」は、外観の作品集になっていてとても参考になるので絶対に見るべきカタログ!

ニチハカタログ

地方住みでショールームに行けない方は、Webからカタログ請求できます。

詳しくは→ニチハカタログを見る・請求する

スポンサーリンク

金属サイディング・窯業系サイディングどっちにする?

当初外壁はゼロキューブのパターンで正面を金属サイディング・残り3方向を窯業系サイディングにしようと思っていました。

関連記事→アースハウジングの評判や口コミが気になるの?ゼロキューブは魅力的だと思ったんだけど

そこで選んだ外壁は正面を、ニチハ ST型 センターストライプU(ブラック)

ニチハ・センターストライプU

残り3方向の外壁は、ニチハ モエンエクセラード16 Vシリーズ リーガストーン調V ランダMGブラック

ニチハ・ランダMG

金額は多少アップするけど許容範囲!

絶対スタイリッシュな感じになるのでこのパターンで決まり!

とサンプルが届くまでは思っていました...

サンプルが届き金属を厚みを確認すると

ガルバ厚み

薄っ!

耐久性無さそう...

これは指で押さえたら凹むな!

そう言えば金属サエディングを採用して何年か経った家を、注意深く見てみると凹みが結構目立つ...

ガルバのヘコミ

こりゃいかん!

と夫婦2人の意見がまとまり金属サイディングは、却下となり全面を窯業系サイディングを採用する事になりました。

安くてカッコイイ黒い外壁の組み合わせこのパターン

我が家が選んだ外壁をご紹介。

※工事が進んで実際に外壁が貼り終わりましたら画像追加します。

全方向 ニチハ モエンエクセラード16 Vシリーズ リーガストーン調V ランダMGブラック

ニチハ・ランダMG

玄関 ニチハ モエンエクセラード16 オペリアシリーズ ウッドシェイクⅡ シュピネMGブラウンE

ニチハ・シュピネMG

1F タイルデッキ側・2F バルコニーは、はじめはニチハ モエンエクセラード16 Vシリーズ コンクリート打ちっ放し16V コンクリートMGライトグレー

ニチハ・コンクリートMG

をと考えたのですが、安っぽくなりそうな感じがしたので

ニチハ モエンエクセラード16 Vシリーズ しぶきV プラムMGアッシュⅡ

ニチハ・プラムMG

を選びました。

スポンサーリンク

ニチハ超高耐久シーリング プラチナシールを採用

外壁は、いずれ塗装の塗り替えやシーリングの打ち替えが必要となります。

一般的には、10年~15年で塗装の塗り替えをする必要があり費用は、80万~120万円が相場の目安

2液シーリング材なら約10年で打ち替えをする必要があり 単価600~1,200円/mとなります。

我が家で想定すると2液シーリング材の単価600円だったので、600円×450m=270,000円

これに足場代が約20万円程度必要になるので、塗装の塗り替えとシーリングの打ち替えを行う時には同時しようかな~とは思っていますが・・・

そんな余裕きっと無い!

できれば20年ぐらいは、塗装の塗り替えとシーリングの打ち替えはしたくない!

どれぐらい持つのかは分かりませんが、こんな考えから2液シーリングに比べて耐久性があるニチハ超高耐久シーリング プラチナシール「凝集破壊・白化15年保証」を選びました。

プラチナシールの単価980円×450m=441,000円

2液シーリングに比べて171,000円高くなりましたが、その分メンテナンスコストは抑えてくれるハズ!

黒い外壁のデメリットは何も無い!

黒い外壁のデメリットは、夏場外壁の表面温度が高くなる!

紫外線を吸収しやすいので塗装の劣化が早くなる!

と言われていますが、外壁の表面温度が高くなっても気密性の高い断熱材を使えば室内温度は変わりません。

塗装劣化は厳密に言えば若干だけ早くなりますが、白系の外壁は塗装の劣化が分かりにくいだけ!

よって黒い外壁のデメリットは無い!!

最後に黒い外壁の家に住んでみた感想

こちらは実際に家が建って数ヶ月経過してから追加記事の予定です。

気になる方は、時々覗いて頂けると幸いです。