私、FP3級の資格を持っています!

FP3級技能検定合格証書

独学で何日か勉強すればFP3級って比較的簡単に合格できるので

実際に興味を持っていざ資格を取ったものの

「FP3級って無駄かも?」

「FP3級はあまり意味が無い!?」

「FP3級が役に立つことなんか無いよ~」

と、ず~と思っていました。

実際!FP3級って本を数冊購入して独学で少し勉強すれば簡単に取れちゃう資格なので、何の肩書きにもなりませんし、人に威張れる様な資格ではありません。

いわゆる自己満か、FP2級やFP1級へのあくまでも通過点!

でも、今回土地を購入して家を建てる時には、このFP3級「3級ファイナンシャル・プランニング技能士」で勉強したことが、かなり役に立ちました。

そして思ったことは、これから住宅を購入しようと思っている方は絶対取るべき資格!

今回の記事はこんな内容!

スポンサーリンク

FP3級を勉強すると何が分かるようになるの?

FP3級の勉強する内容は

「ライフプランニンングと資金計画」「リスクマネジメント」「金融資産運用」「タックスヘブン」「不動産」「相続・事業継承」

から構成されお金に関する知識を、広く浅く学ぶことができます。

実際に勉強してみると

「老後の必要な資金と計画」「社会保障や年金」「生命保険や損害保険」「経済や株式」「所得税や控除」「住宅取得」「相続対策」

などが、今まで以上に理解できるようになりますし、日頃から関心を持つようにもなりました。

家を建てる時にFP3級が役立つ理由

私は土地を購入して住宅を建てる時に、FP3級の資格がとても役立ちました。

具体的には

専門用語が分かる

不動産屋さんや工務店と打ち合わせをしていると、当たり前の様に専門用語が出てきます。

接道義務・セットバック・建ぺい率・容積率・防火地域・順防火地域・瑕疵担保責任・壁芯面積・用途制限...

これらの意味って分かりますか?

不動産や建築関係の仕事の方じゃないと、全部は分からないと思います。

これらは全てFP3級で勉強する内容!

勉強すれば不動産屋や工務店が話す内容が分かり理解できるので、やり取りがスムーズになります。

資金計画表が作れる

土地を購入した時などには、様々な手数料や税金を支払うことになります。

これもFP3級で勉強する内容!

私は、かなり細かな資金計画表を自分で作成しました。

保険に詳しくなる

住宅を購入すると火災保険に入ったり、生命保険を見直したりすることになります。

多くの方は住宅ローンを借りる銀行などで、保険商品を提案されて契約していますが、過剰な保険(毎月の支払い額が多い保険)に入っているケースが多いと思います。

自分には、どの種類の保険が必要で、補償額はどれぐらいが最適なのかFP3級を勉強すると分かるようになります。

私は、火災保険の補償額を再調達価額の80%で設定しましたし、貯蓄型保険の計算なども自分で行いました。

住宅ローンに詳しくなる

住宅ローンの金利も固定金利・変動金利・固定金利選択型などがあり、その返済方法も元利均等返済・元金均等返済など様々な種類があります。

多くの方は、銀行が提案してくる内容で契約しますが、FP3級を勉強すると、どの選択が自分にとっては最適なのか分かるようになります。

スポンサーリンク

独学でFP3級ってどれぐらい勉強すれば受かるの

FP3級の試験は、学科試験と実技試験で行われます。

試験は年3回行われ費用は、6,000円。

実技試験は、個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務・資産設計提案業務の中から選ぶことができます。

私の場合は、保険に興味があったので保険顧客資産相談業務を選びました。

多くの方は、個人資産相談業務・資産設計提案業務のどちらかを選びます。

私は学科で2冊の本を購入し

FP3級学科の本

実技で問題集を1冊の本を購入しました。

FP3級実技の本

ぎんざいファイナンシャル・プランナーズ・センター(著)

本のカバーは邪魔になりすぐに捨てるタイプなので、汚い画像で御免なさい。

教科書や問題集は色々出版されていますが、事前に調べるとこのシリーズの本が、イラストなども多く分かりやすそうだったので購入したのですが、買って正解でした!!

2週間程度勉強してから試験に臨み一発合格♪

この2週間はかなりの時間を勉強に費やしましたが、ゆっくり勉強しても1ヶ月あれば合格できるのではないでしょうか!?

私は問題集は本で行いましたが、この教科書を1冊だけ購入し

日本FP協会の試験問題を解くだけでも、独学で十分合格が可能だと思います。

日本FP協会「試験問題」

FP3級の資格が役に立つかは自分次第

最後に

勿論、FP3級を勉強せずにあまり知識の無いままでも、普通に住宅ローンを組んで、土地も購入し家を建て火災保険に入ることはできます。

でもその途中のどこかでと思うことが、多々あると思います。

私は、FP3級の資格と言うかその時勉強した知識が、住宅を建てる際に本当に役に立ちました。

勉強しておいて良かったな~っと!

FP3級の資格を、意味が無い!役に立たない!ものにするのも

意味がある!役に立つ!ものにするのも自分次第だと思います。

まっ

20台後半~40代の方は、たとえ試験を受けなくても、資格を取らなくても、FP3級の教科書1冊持っていれば役に立つ場面は意外と多いと思いますよ。

興味のある方は、この機会にFP3級にチャレンジしてみては如何でしょうか?