私たちの新築は「日向建築工房」さんと「進和建設所」さんと相見積り・図面作成をお願いし最終的には「日向建築工房」さんでお願いすることになりました。

「日向建築工房」は松山市を中心に今治市・新居浜市・西条市などのエリアでも施工実績があり愛媛県全域をカバーしています。

日向建築工房

本日は、愛媛県で新築住宅を検討されている方全員に読んで頂きたい内容!

スポンサーリンク

日向建築工房の場所と業務内容

住所 愛媛県松山市古川南3丁目16-18
電話 089-957-0740
HP 日向建築工房

「日向建築工房」は、大工系の工務店となります。

設計や打ち合わせは大工さんの社長さん(現在は打ち合わせや現場管理が忙しく、ご自身でされる大工仕事は少ないそうです)

事務員1名・その他に自社の社員で大工が4名。

事務所も自分で設計し自社社員大工で建てられています!

「日向建築工房」の2階には「はなみずき不動産」もあるので、土地売買なども相談に乗ってくれます。

日向建築工房と打ち合わせ

「日向建築工房」は、私の友人が社長と知り合いで、その友人Aは「日向建築工房」で実際に家を建てていました。

その友人Aは、消費税5%→8%の増税前のタイミングで新築を建て、消費税込み総額で1,500万円+太陽光で120万円だったとのこと・・・

その頃とは建築資材なども高騰しているので、同じ様な見積り内容とはならないと思いますが、一度お話を聞いてみたいと思い連絡を取りました。

打ち合わせ場所は、「進和建設所」と同じく自宅近くの喫茶店。

前回の記事と同じ内容ですが、相見積りを取った「日向建築工房」「進和建設所」とも、同じ条件で希望を伝えます。

主な要望

述床面積 30坪前後

本体価格 1,500万円前後

小さくても畳スペースは欲しい

玄関は西か南

ウッドデッキ

省令耐火構造

耐震等級3

※色々な考え方があると思いますが、耐震等級3はどうしても壁が多くなるので広いリビングをつくることができません。その為「日向建築工房」では最終的に耐震等級2、省令耐火構造、長期優良住宅の条件で図面作成をお願いしました。

社長さんとは年齢が近いこともあり非常に話しやすい印象。

分からないことや、疑問に思っていることにもスムーズに答えてくれます。

スポンサーリンク

日向建築工房の図面と見積り

打ち合わせから約2週間経過し、図面と見積りが出来たとの連絡を頂き事務所にお伺い致しました。

平面図1枚と、詳細な金額が分かる19枚の見積り書を用意してくれていました。

平面図はこんな感じ

旗竿地図面1

1階面積 58.36m2
2階面積 39.74m2

金額は建物本体工事費 1,500万円(税抜)

旗竿地見積り1

最終的には採用しませんでしたが、ホールから木が見える感じなども素敵だと思いました。

この土地の形状なら玄関は西側の方が合うと思っていましたが、最初から西側玄関でのご提案!

詳しい金額が分かる見積り書!

大工の社長が設計し自社の大工で家を建てる!

完成後のアフターケアは、一年後・二年後に無料点検を行っている!

その場では契約の返答はしませんでしたが、帰りの車での話し合いで「日向建築工房」でご提案して頂いたプランの方が、私たちにとっては合っていると二人とも感じました。

スポンサーリンク

日向建築工房と契約

この後、打ち合わせを何度も行いその度に図面・見積りも修正して頂き住宅ローンの本審査前に正式な契約を交わしました。

契約金は、請負代金の10%必要になりますが、契約時に現金払いか、契約時には支払わず融資が実行されてからのどちらでも対応可能。

最初の図面と見積りのご提案から、約3週間後に住宅ローンの仮審査。

仮審査の結果後、さらに1ヶ月程度打ち合わせを重ねて本審査となりました。

関連記事→伊予銀行の住宅ローンを勉強しよう!利子融資制度・審査基準・手数料・契約までの流れについて

社長さんも自身も自社でこだわって家を建てられているので、その経験も踏まえて色々アドバイスやご提案も頂くことができました。

打ち合わせ時間が有意義な時間となりました。

本審査の時の図面はこんな感じ

図面

立面図

立面図

1階面積 62.93m2(19.03坪)

旗竿地図面1階

2階面積 43.06m2(13.02坪)

旗竿地図面2階

述べ床面積 43.06m2(32.06坪)

最終的な見積りは

金額は建物本体工事費 1,790万円(税抜)
外溝工事 230万円(税抜)
「フェンス・カーポート2台分・タイルデッキ・門扉・物置・入口コンクリート打設・玄関廻コンクリート仕上げ・スッキリポール」
付帯工事 40万円(税抜)
「浄化槽申請・設備・放流金含む」
諸経費概算 39万円(税抜)
「印紙代・建物登記費用・火災保険・地鎮祭」

合計2,099万円(税抜)となりました。

建物本体工事費は、当初より290万円増えていますが、全ての要望を反映して頂いた上でありえないくらい安くして頂いていると思います。

変更箇所とその金額は

玄関エコカラット+4万8千円

リクシル室内ドア・床グレードアップ+20万円

玄関・キッチン・タイルデッキ軒天レッドシダー貼+17万5千円

キャットウォーク・カーテンボックス+11万

レッドシダー・キャットウォークオイルフィニッシュ+9万5千円

外壁コーキング2液→ニチハ プラチナシールに変更+17万円

ベランダ・玄関の変更+50万円

ユニットバス リクシル アライズ オプション追加+5万円

キッチン リクシル シエラ→クリナップ ステディアに変更+50万円

洗面 リクシル ビアラ→リクシル LCに変更+16万円

トイレ 1階 リクシル ベーシア→ベーシア ピタ+1階、2階手動リフトアップ追加+2万5千円

玄関ドア 通風・スマートキー+一部防犯ガラス追加+40万円

ニチハ外壁変更+30万

壁紙 東リ スーパーハード変更+11万円

屋外立水洗3ヶ所・その他雑工事+5万7千円

ちなみに1,500万円で実際に家を建てた友人Aは、当初のプランから変更などはあまり行わず数年住んだ今でも満足とのこと!

ローコスト住宅なら断然大工系工務店

CMをバンバン流している・道路のアッチコッチに看板を立てているハウスメーカーなどは、その広告料金も工事価格に含まれています。

規格住宅のローコスト住宅はそのままの仕様では、狭いし安っぽい!なかなか満足できる家がありません。

従って家造りは広告費を掛けていない大工系工務店に、直接頼むのが結果的に安く(ローコスト住宅)になりトラブルもありません。

また追加工事や変更などがある場合でも、大工さんと直で話ができ素早く対応して頂けます。

私たちは色々検討した結果「日向建築工房」と、ご縁があり大工系工務店で新築住宅を建てることになり本当に良かったと思っています。

また、実際に家が建ったら追加記事を書きたいと思います。

注文住宅をローコストで建てたい方!

2×4工法より愛媛県材をふんだんに使った在来工法(木造軸組構法)!

家本体価格の予算が1,500万円~2,000万円!

色々ハウスメーカー(工務店)を回ったけど、なかなか決めてにかける!

こんな方は、大工系工務店を直接探されるのが絶対にイイと思います。

自分ではなかなか見つからない場合は、気軽に「日向建築工房」さんに問い合わせてみては如何でしょうか?

本日は利害関係無しで、本当に口コミしたい工務店の紹介でした。

問い合わせの際は「なんかこちらで家を建てた人をサイトを見た」とか「ブログで日向建築工房さんの記事を見て」とか言って頂くと、今後の参考や励みになります。

「日向建築工房」
住所 愛媛県松山市古川南3丁目16-18
電話 089-957-0740
HP 日向建築工房
対応エリア 松山市・西条市・砥部町・松前町・伊予市・今治市・新居浜市・・・